プロフィール

えくみ Ekumi

Author:えくみ Ekumi
Dragon's Dogma Online
MiraCosta《MC》


カレンダー



最近のコメント


アルバム


カテゴリ


バナー

 border=

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続ブログ小説6

すべてが凍てつくバルト海。
リスボンの大富豪ケーナ家の海路確保名目の為に
えくみはリガでバルト海賊との戦いの準備に奔走していた。

えくみ「この戦いが終わったらカリブで楽しく暮らすわっ!」

軽く死亡フラグを立てる
えくみの前に現れたのは

続きを読む »

スポンサーサイト

連続ブログ小説5

クリスティナ「いらっしゃいませにゃん☆」
もりすうん「ここは俺の行き付けなんだ」
えくみはネコ耳メイド酒場メイクイーン+ニャン2に居た。
酒場は航海者たちで溢れかえり食事や飲酒などを楽しんでいたが
周りのテンションにえくみの心は晴れなかった。

もりすうん「今日この店は俺のオゴリさ、皆どんどん飲んでよ」
派手好きで金持ちであることを見せつける、もりすうん。
-もり家は投機の失敗で没落寸前だったハズなのに-
酔潰れたもりすうんを前にえくみはそんなことを思っていた。

続きを読む »

連続ブログ小説4

DOL136.gif
-前回のお話- ←クリックで前話に飛びます

セビリアでステップとジャカルタへと帰る決意を固めた「えくみ」に
安堵の胸をなでおろした「ステップ」は
ジャカルタ行定期船発着港リスボンでの再会を約束した。
ジャカルタ行きの前に「えくみ」の故郷のリスボンへと立ち寄らせようという
「ステップ」の配慮だった。少なくとも「えくみ」はそう思っていた。

セビリアを出立して故郷リスボンへと到着した「えくみ」が見たのは
没落し見る影もない我が家だった。
「いったい何があったの!?」
驚きとともに口を突いた「えくみ」であったが
すべてを捨てて出た家だった為か
ジャカルタへと渡る決意を決めた為か
軽い喪失感を感じながらも、その心は晴れやかであった。


数ヵ月後…
リスボンの港町の人々が見たのは

続きを読む »

連続ブログ小説3

DOL104.jpg
-前回のお話- ←クリックで前話に飛びます

「たきゅお」が「えくみ」を連れ出したことに気づいた「ステップ」は
このまま帰らないことを悟り「たきゅお」の故郷、バレンシアまで
「えくみ」を追って行ったのであった。

続きを読む »

連続ブログ小説2

DOL098.jpg
-前回のお話- ←クリックで前話に飛びます

偶然からサルベージの仕事を手伝ってもらうことになったのであったが

共にサルベージ会社を営み「ステップ」の親友でもある
「たきゅお」も、また「えくみ」の見目麗しさに

続きを読む »

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。